青森の冬の田んぼアートで見た「価値」の作り方



 

 こんにちは、いなほです。

 

青森に少しだけ訪れました。

寒さを覚悟してたので意外と平気で。青森いいとこ!


今回は青森で知ったイベントの話です。

「冬の田んぼアート」

f:id:bannpa18:20190131084720j:image

ロープウェイ駅に置かれていて、
一番キレイで目立つ写真だったので手に取りました。

 

スノーアートって・・ ・

田んぼアートってなによ!?

 

「スノーアートとは、

スノーシューを履いて雪原を踏みしめ、

凸凹に差し込む光と陰で表現するアートです」

 

写真が青空でめっちゃ綺麗。

雪だけで表現されているので、素敵。

田んぼアート,スノーアート,青森

場所:田舎館村「弥生の里展望所」周辺
道の駅 いなかだて「弥生の里」内

 

期間:2019年2月8日〜11日

これからですね!

 

田んぼや、小麦畑を踏みしめて作られた

「ミステリーサークル」のことを思い出しました。

 

冬版ミステリーサークルみたい。

 

この田んぼアートを製作したのは 

スノーアーティスト集団「It’s OK.」

 

純粋にすごいなと。

 

普通に稲を踏んで絵を描くより、

高度な技術じゃないでしょうか。

 

イベント期間中は無料振る舞いもあるようで、

「田んぼアートで収穫したお米」が無料で貰えたり

田んぼアート,スノーアート,青森

有料販売ブースでは

冬いちごのチョコフォンデュも食べられる。


雪を活かした素敵なイベントです。

 

スノーアートから学ぼう 「価値」の作り方

 

チラシがきっかけで「田んぼアート」を知りましたが、

良い取り組みですよね。

 

理由の1つは、価値の生み出し方。

 

おやすみ期間の「冬の田んぼ」をキャンバスにし、

アート(芸術)を作ることで価値が生まれている。

 

芸術は、表現の技術を習得まで時間がかかります。

 

田んぼアートも、失敗したら全体の調整が大変でしょう。

 

だからこそ、芸術品は唯一無二で

誰かが価値を感じればお金になります。

 

田んぼアートや札幌の雪祭りの場合だと、

「保存できない」「行かないと見れない」という

希少価値も加わってより魅力的ですよね。

なんて、チラシを見ただけで色々と考えていました笑

 

もうつは、地域を巻き込んで

コンテンツとして固めていること。

 

この「田んぼアート」を見に来るだけでは、

知名度から動かない人も多い。

 

遊びに来る理由を付け加えることで、

行動しやすく(来てもらいやすく)なります。

 

「無料」は人を行動させるには協力な特典ですし、

 

いちごフォンデュなど楽しめる要素で

遊びに行きやすい雰囲気です。

 

あと冬のお出かけって限られていたりするので。

 

ウィンタースポーツはしないけど、

雪を楽しみたい層や

イルミネーションに少し飽きた層には刺激的です。

 

さすがにイベント期間にもう1度青森には行けませんが、

旅行予定のある方はいかがでしょうか!

 

私がまだまだ知らないだけで、

新しい価値はどんどん生み出されているようです・・・!

 

有益情報や活動報告をお届けします。

 

私は法人営業の仕事をしながらコンテンツを作っています。

 

ネットの無い時代だったら間違いなく私はビジネスを学ばずに生きていました。

 

今、周りにビジネスを真似できる人がいないとか、関係ない時代になっています。

 

なぜならインターネットがある環境は、誰しも挑戦するチャンスが与えられているからです。中学生であろうと、働くお母さんでも、定年退職した人でも。

 

副業やコンテンツ制作に憧れを持ちつつ行動できてないのであれば、それはその人のせいです。実はそこまで求めていないなら、私はそれで良いと思います。

 

行動したい!でも結果動けていない、結果が出ず継続できない。

そのパターンは勿体ないはず。やり切れていない点を自省できるはずです。

 

私もそんな人間で、中学生の頃に小説家になりたい!と思っても作品を作ってどこかに投稿するという行動までしてなかったです。

せいぜい中途半端に書きかけて、辞めます。

 

集中して行動し結果を出している人、たくさん見てきました。

 

それに対し私はまだコンテンツ作りに関してはヒヨコ状態です。

 

ただ学びアウトプットする過程で

・情報の取捨選択

・コンテンツの作り売るまでの具体的な過程

・行動をやりきるモチベーションの保ち方

 

などを知り、副業としてだけでなく本業にも活かすことが出来ています。

 

1までの過程を一番フレッシュな状態で発信できるのが今の私です。

確実に歩を進めていく私を見てモチベーションをあげるため、誰かのライバル相手になれるのも私です笑 

 

そこで、副業をしたい・コンテンツを生み出したい人のためにLINE@限定で進捗状況なども共有しようと思いました。

 

よりクローズな空間の方が、あなたが動くためのきっかけになる可能性が高まるからです。

 

まずはLINE@へ登録していただくだけで大丈夫です。

友だち追加

 

ただ、私が作っているコンテンツの性質上、「豆本」ファンの方もいます。定期的に豆本情報も発信しますがご了承ください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

もしこの記事が面白かった!と思ったら

SNSなどでシェアしていただけると嬉しいです。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です