WEEKLYOCHIAI,お笑いをアップデートせよ,

ブログ

WEEKLY OCHIAIは異業種交流の模擬体験ができる面白さがあると思う

WEEKLY OCHIAI,お笑い,アップデート
お笑いをアップデートせよ!
f:id:bannpa18:20190114164952j:plain

こんにちは、いなほです。

今回 は、WEEKLY OCHIAI「お笑いをアップデートせよ」の話です。

WEEKLY OCHIAIって?

WEEKLY OCHIAIは、NewsPicksというニュースアプリ(主にビジネス向けの記事が多い)内で見れる落合陽一さんメインの番組ですね。

落合陽一とは何者なのか

特に2018年は落合陽一さんが話題になっているように感じました。

理由は、そのミステリアスさ?

・めっちゃすごい人なのはわかる

・でも何をやっている人なのかイマイチわからない

また、ホリエモンが名付けたという「現代の魔法使い」というキャッチコピーが上手く多くの人を惹きつけたんじゃないでしょうか。

私も最初に落合さんを何かで見たときに(多分作品の方)、

なんだこの人は!?

と、人に対する疑問や興味が先にきましたね。一種のファン化です。

落合さんを見ていると、人をファン化できる人は強いなーと感じましたね。

著書も本屋に並んでいて、本屋で見かける機会も多かったと思います。

また情熱大陸でも紹介されていて、その独特な生活の送り方も話題になっていました。

個人的に驚いたのは、インスタントカレーの袋にストローをブッ刺してそのままチューチュー飲んでた姿ですね。

冷たいカレー、美味しいのかな???

という謎の疑問笑

変わった人の生活の送り方は面白く見てしまいます。

色々活躍される方だから、健康は気にして欲しいですが面白いな〜と感じました。

WEEKLY OCHIAI 落合陽一×中田敦彦

はい、そして今回はWEEKLY OCHIAI「お笑いをアップデートせよ」を見た話です。

基本的にWEEKLY OCHIAIでは呼ばれるゲストの方が落合さんとは別ジャンルの人なので、異業種交流に行くような面白さがあるんですよね。

番組は途中までは無料で見れて、後半はNewsPicksの月額会員じゃないと見れないです。ただ、他の記事も見れるのでインプット場としては良いと思いますね。

下記、見ながらメモしたことを記しています。

・お笑いの基準は幅広い(他分野の人に自分の専門を語る難しさ)

→「番組のコンテンツなのか、

 演芸のことなのか、

 ライフストーリーなのか 

ひとえに語るの難しい。」

これ、私が添乗員という仕事をしてるときも感じました。

そもそも「お笑い」って?「添乗員の仕事」って?とか、

まぁ仕事内容だと明確に答えはありますが

それを知らない人に伝えるって案外難しいなと感じます。

まず異業種交流の場合、お互いの常識が違う、という部分があるので前提条件を話すみたいなところありますよね。

特に中田敦彦さんはテレビとか大勢の人に対して発信をしている方なので、誰にでもわかるか?という部分を意識しながら話しているように感じました。

・今まで視聴者をマスで捉えて説明してきた(縛られてきた部分)

「マス=テレビを見ている人(大勢の幅広い視聴者)、など 」

やはりテレビ番組はCMスポンサーによって成り立っているという縛りや

見ている人が不快になる→スポンサーに迷惑になる→迷惑をかけると仕事が来なくなる

という構造が顕著ですよね。(どこまで影響があるか分かりませんが)

・直接課金と広告収入モデルの違い

「◆直接課金(NewsPicks)のようなスタイルは、お金を払って情報を自分で取りに来ている。=細かい説明がなくても成り立つ

◆広告収入モデル(テレビなど)は、見ている人が幅広い。

全員にわかる説明が必要。」

これ、実際そうだなぁと感じました。

お金を払っている人ってすでにその価値を理解した上で払っているので、能動的になりますよね。

・吉本とジャニーズのモデルは逆

「吉本芸人が行う舞台は練習の場。直接課金の額は低い。」

お笑いの価値提供が難しいので、いまのようなスタイルなのかなとは思いますが・・

・芸人→出世コースが消えている、新陳代謝が悪い

 「いつまで経ってもプレイヤーでいたがる。

プレイヤーが一番楽しいという思い込みがある。」

この指摘、その通りかもなぁと思いました。

「目の前の出来事」に対して疑問を持つことが大切ですよね。

また、どうしても仕事や職種って「プレイヤー」について語られることが多いので、その職種から派生するいろいろな仕事が日の目を見ても良いですよね。

・お笑いという仕事

「感覚的なもの、を作り込んでできる、商品になると価値になる。」

これ、面白い話だなと思います。また、難しさも感じますね。

コンテンツマーケティングでもあると思うんですが、コンテンツだと悩みやニーズのある人の課題って具体的だったりすると思うんです。

例えば「英語の勉強法を知りたい」であれば、初心者でもわかる英語勉強法とかをまとめて販売すれば、それは「英語わからない人」にとっては価値になり商品になりますよね。

ここの「価値」の産み方がお笑いの場合難しいのかなぁと。

・お笑いは、決して習えなくもない

「習えなくもない」

芸を磨くことはできるし、人が笑う科学みたいなところあると。

ただ、価値の話と同じになりますが人によってお笑いに対する価値観が違ったりしますよね。どこで笑うとか、全員同じじゃないし、ジャンル分けしづらい。

価値の定義づけも難しく結局は人気があるかどうか、が現状ですよね。

・かつてはテレビ学科があった

「バラエティ的に求められることを学んでいる。それに応えることは得意。」

そういう部分もあり、番組が安定した面白さになるために番組MCにお笑い芸人が起用されてるのも多いですよね。アイドル番組で芸人がMCするのとかそうですよね。

まとめ:WEEKLY OCHIAI は異業種交流の面白さだ

 番組を見たときのメモをもとに思ったことを書きました。

自分の全く知らないジャンルのことから得られるヒントも多いので、繰り返し考えて活かしていきたいですね。

落合さんの世界観を覗きたい人は、本もおすすめ。

毎週日曜日、有益情報や活動報告をお届けします。

*月末の週だけお休みです。

私は法人営業の仕事をしながらコンテンツを作っています。

ネットの無い時代だったら間違いなく私はビジネスを学ばずに生きていました。

今、周りにビジネスを真似できる人がいないとか、関係ない時代になっています。

なぜならインターネットがある環境は、誰しも挑戦するチャンスが与えられているからです。中学生であろうと、働くお母さんでも、定年退職した人でも。

副業やコンテンツ制作に憧れを持ちつつ行動できてないのであれば、それはその人のせいです。実はそこまで求めていないなら、私はそれで良いと思います。

行動したい!でも結果動けていない、結果が出ず継続できない。

そのパターンは勿体ないはず。やり切れていない点を自省できるはずです。

私もそんな人間で、中学生の頃に小説家になりたい!と思っても作品を作ってどこかに投稿するという行動までしてなかったです。

せいぜい中途半端に書きかけて、辞めます。

集中して行動し結果を出している人、たくさん見てきました。

それに対し私はまだコンテンツ作りに関してはヒヨコ状態です。

ただ学びアウトプットする過程で

・情報の取捨選択

・コンテンツの作り売るまでの具体的な過程

・行動をやりきるモチベーションの保ち方

などを知り、副業としてだけでなく本業にも活かすことが出来ています。

0→1までの過程を一番フレッシュな状態で発信できるのが今の私です。

確実に歩を進めていく私を見てモチベーションをあげるため、誰かのライバル相手になれるのも私です笑 

そこで、副業をしたい・コンテンツを生み出したい人のためにLINE@限定で進捗状況なども共有しようと思いました。

よりクローズな空間の方が、あなたが動くためのきっかけになる可能性が高まるからです。

まずはLINE@へ登録していただくだけで大丈夫です。

友だち追加

ただ、私が作っているコンテンツの性質上、「豆本」ファンの方もいます。定期的に豆本情報も発信しますがご了承ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が面白かった!と思ったら

SNSなどでシェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

  1. 豆本,初めて,作った,旅行

    豆本/製本

    こうして私は初めて豆本を1冊つくりました

    初めて私が豆本を作ったときの話です。…

  2. いなほ,豆本,作り方,ビジネス

    ブログ

    運営者:いなほプロフィール

    名前:いなほ拠点:金沢Site:https:…

  3. ブログ

    習慣化の難しさ

    こんにちは、いなほです。習慣化の難しさ…

  4. ブログ

    コンビニに並んだ本を見てタイトルの付け方を参考にした本10冊

    コンビニに並ぶ本は、キャッチコピーが良いのが多い気がする。…

  5. かきたね,柿の種,わさび,柚子胡椒

    ブログ

    「柿の種」の進化を見て、今さら遅いことなんて何もないと悟った

    こんにちは、いなほです。メガドンキで売ってい…

  6. 深セン,ギャラリー,海上世界

    ブログ

    日本人のセルフプロデュース力

    「超・小説教室」を読んで出版業界から考える日本人のセルフプロデュース力…

最近の記事

  1. KITTE,マルノウチリーディンったスタイル,東京駅,ブックカフェ,東京
  2. 毎日,楽しく,生きる
  3. 日記,読み返す
  4. Photoshop,製本,ページ,作り方,写真
  1. 豆本,異業種交流,製本,作り

    ブログ

    4月13日(土)14日(日)豆本作り講座×異業種交流会 します!
  2. PDCA,鬼速PDCA,一生食えるプロのPDCA,社会人,仕事

    仕事/営業

    仕事が遅い・終わらない!でも定時退社を目指せる、PDCAの回し方
PAGE TOP