山里亮太「天才はあきらめた」〜劣等感や嫉妬は強いエネルギーになる〜





いなほ,豆本,作り方,ビジネス
こんにちは、
いなほです。

南海キャンディーズ・山ちゃんの著書

「天才はあきらめた」を読み終えました。

山ちゃん,南海キャンディーズ,天才はあきらめた,感想,口コミ,面白い

山ちゃんの想像以上の性格の悪さに驚き笑い、ちょっと引きましたが、ストーリーに惹きつけられました。読み応えのある作品。

本の帯には「劣等感は最高のガソリン!!」

山ちゃん自身「俺は嫉妬心の塊だからさ〜」と話していて、「嫉妬心の塊」の自分を分かった上で、上手く仕事に活かしてる方だと感じました。



この本は山ちゃんの高校生の頃の話から「芸人を目指すきっかけ」、大学生時代とNSC22期生・お笑い芸人の活動まで書かれています。

特にお笑いに詳しくなくても問題なかったです。

ここから、おすすめポイントに絞ってレビューします。

「天才はあきらめた」がオススメの3つの理由

1、凡人の勝ちストーリーを学べる

山ちゃんは「自分もいつか天才になれる日が来るのでは」と思い過ごしていたそうです。

ただ、実際は天才的な発想はできない・・・!と感じたようで。

自分が凡人ということは認めた上で「天才っぽい感じ」を魅せ方をかなり考え作っていました。

天才が活躍するお笑いの世界で、凡人が勝つには・・・と戦略を練って戦っていく様子は個人的には好きです。かなり的を得て動いてると思いましたし。



「凡人」視点をベースに、「天才」になるためにした具体的な努力や

山ちゃんなりのモチベーションの保ち方とかも書いていて、普通に参考になります。

ストーリー+誰でも活かせる気づきがあると読んでて充実感もありました。



私が参考にする点として、ネットビジネスをする上では自分のストーリーをしっかり固めるのが大事。「普通の高校生」から色々経て芸人になる過程って立派な「成功ストーリー」だなーと読んでて思いました。

山ちゃんの場合は有名な人という要素も加わり、かなり説得力があります。

「ストーリーの組み立て方」

「自分の生き方」の2軸でも活かせる内容かと。



2、人間関係の失敗から学べる

山ちゃんは南海キャンディーズのしずちゃんと組むまでに、養成所で別のコンビとして活動していました。

過去2人の相方の方は山ちゃんの厳しいアドバイスも受け入れる優しい人。そこから山ちゃんもかなり厳しい指導でコンビを組んでいた様子も書いていました。

「なんでやねん」のツッコミだけで2時間練習させるなど、想像斜め上の世界観です。色々ありました・・・。



読んでいると「これはヒドイな〜」と一歩引いてしまう感じでしたが、本人も謝罪しており笑

ただ、「自分に心を許してると思った相手」に厳しくなってしまう、怠慢になってしまうのはありがちな過ちかと・・・。失敗談を読んで気をつけようと思いましたね。。



3、表舞台の裏側を知れる

テレビでMCをしたり、表舞台で明るく活躍する芸人の裏側の様子を知れるので、面白いです。

別の視点から見るっていうのは良いですね。新鮮です。



キングコングと同期なのか〜とか、養成所時代からキングコングはかなり面白いと評判が高かったようで、その嫉妬心から努力を重ねたり。

養成所の歴史を振り返っても、キングコングが活躍した時の22期生からはかなり多くの芸人を輩出したようです。

悔しさのバネ返しじゃないかな〜とYouTubeチャンネルで話していましたね。

おすすめポイントまとめ

1、凡人が勝つ手&ストーリーが学べる

2、人間関係の失敗から学べる

3、表舞台の裏側を知れる

面白かったので読んでほしいな〜



余談:私の周りの嫉妬深い人

「嫉妬心の強い人」で私がふと思い出したのは、高校生の時の友人。

彼女は美術系の大学に進学し色々活躍してたんですが、県のコンペで2位になったことの悔しさを私にぶつけてきたことがあったんですよね。



当時の私からしたら「2位もすごいじゃん」「芸術だと審査する人にもよるよ」なんて答えていたのですが、彼女はもうすっごい悔しがっていて。

え、そんなに・・・?って感じ。

なんでそんなに悔しがるんだろう、と当時は思っていたのですが、

自分を突き動かす「原体験」というか、悔しい!って気持ちは大きいなぁと思いました。

実際その子は芸術的なセンスはかなり高かったし、賞も頻繁に取ってた印象だったので。私も共感できなかったのは申し訳なく思いますね。

悔しさをフルオープンにできるのも、1つの強みじゃないでしょうか。

後々私も、悔しさを原動力にする機会もあり、やっと当時のその子の気持ちがわかった感じでした。



悔しいことは確実にガソリン、エネルギーになるのでそれを糧にやるしかないですね〜



LINE@内限定の記事も更新しております。お問い合わせもこちらへどうぞ。

友だち追加



あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です