「世界観」について思うこと





いなほ,豆本,作り方,ビジネス
こんにちは、
いなほです。

ジャンルの違う5冊の雑誌を一気に読んでたんですが、「世界観」作りが当たり前に大事だなーと思いました。

読んだ雑誌5冊

・月刊 事業構想

・月刊 ネットワークビジネス

・男の隠れ家別冊 春の気ままなひとり旅

・月刊モエ かこさとし特集

・ホリデーオート 平成スポーツカー大図鑑

雑誌,モエ,かこさとし,ホリデーオート,平成スポーツカー大図鑑

月刊モエ・・・は、読んだことありましたが、他の雑誌は全く初めて。

それぞれの雑誌での細かい気づきは置いておいて、雑誌という媒体を通して思ったのは「世界観作り」でした。



「世界観」に人は惹きつけられる?

雑誌の場合、「テーマ」や「ジャンル」が決まっていて、それに対して読者受けしそうな記事や写真が集まっています。

これが、全くよくわからないくらいバラバラのジャンルだと、刺さる層にも刺さらないのかなって。



「月刊 ネットワークビジネス」とか、普通の人が読むと驚くくらいなんというか、怪しい感じなんです。私自身「こ、これは〜・・・」とサラッと読む程度に留めたのですが。雑誌としてまとまっていると、なんか説得力を感じてしまうんだと思う。

とりあえず、個人でビジネスする人の場合は自分の理念や目標といったテーマに対して世界観を作る必要があるのかなって。

そのためにはまず「数」とハッキリとした「テーマ」が必要なのかなと。



ちょっと抽象的でまとまりないんですが、そんな風に感じたのでつらつらと書いてみました。

おすすめの雑誌があれば教えてください笑



「いなほ」LINE@では、限定コラムと1:1の相談に対応しています!

友だち追加

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です