No.1ご飯のお供を探す旅2018~①京丹後のウニのり~

去年からももいろクローバーZのファンクラブ(AE)に入り本格的にモノノフになった。

そんなももクロのレギュラー番組「ももくろchan」で、玉井詩織さんがご飯のお供を美味しそうに頬張っているのを見て思ったことがある。

 

私もご飯のお供で美味しく白米を食べたい・・・!

 

ちょうど2018年も始まったばかり。「ベストオブご飯のお供を探す旅」シリーズを今年の1つのテーマに決めた。

 

その第一弾!

 

ベストオブご飯のお供を探す旅

①京丹後のウニのり

f:id:bannpa18:20180110144127j:plain

 【京丹後・夕日ヶ浦温泉

日本海沿いの京都北部はカニなど海産物が美味しいところ!

 

網野・夕日ヶ浦温泉にあるお土産屋さんに立ち寄った。

町自体は静かな町という印象を受けるけど、温泉地かつカニも食べられる場所というだけあって旅館や大きなお土産屋さんをよく見かける。私も一度夕日ヶ浦温泉に泊まりに来たことがあり、温泉に美味しいカニづくしの夕食は忘れられない。

リピーター客が多いのにも納得。

周辺にはこれといった観光地は少ないが、逆に落ち着けて良い。

 

そんな温泉地にあるお土産は種類も豊富。海産物と合わせた物も多い。

今回目を付けたのがこちらの「雲丹(うに)のり」

 

f:id:bannpa18:20180110144136j:plain

小瓶に入った海苔とウニが光って見え、ウニのとろ~っとした感じも食欲をそそる!

 

関西のテレビでも紹介されてる商品らしく、「ウニほたて」も同様に人気のようだった。どっちが人気かお土産屋のお姉さんに聞きくと、「どっちもよく出ますよ~」とのこと。

「ウニほたて」の方がテレビで紹介された記事も多く貼られてたけど、第一弾ということもあって私は海苔を欲していた。

少し迷って結局自分の好みでウニ海苔を選んだ。

 

【実食!】

f:id:bannpa18:20180110144152j:plain

名称:うにのり6(シックス)ってなんだろう?1や2もあるの?

販売元は丹後みさき屋さん。

 

 お店も忘れないようしっかり写真に残していくことにした。しいて言えば、開ける前に写真を撮るべきだったかな・・・。

f:id:bannpa18:20180110144213j:plain

食べる前にはほどよくウニと海苔を混ぜること!

文字もなんというか昔ながらの印象を受ける。1周回ってかわいいけど最近あんまり見ない、こういう感じの文字・・・。

 

f:id:bannpa18:20180110144230j:plain

スプーンで混ぜ混ぜ。ご飯のお供らしい色になってかなりおいしそう!

 

f:id:bannpa18:20180110144237j:plain

普通の海苔の佃煮と違ってウニの色も見える。

どれどれと期待して白米と一緒にご飯のお供を味わう。おいしい!!

ウニが良いアクセント。海苔の佃煮+うにの風味なのか、癖があって飽きない。ウニが入るといわゆる大人の味になる。

 

このウニのり、父は大絶賛してたんだけど母が味見にとちょっと取って食べて「おいしい?」と父に聞かれると「食べられへん・・・。」と弱弱しい返事。

えっ、この癖が苦手な人もいるのかと思って聞くとそもそもウニ自体が苦手だったらしい。なんで食べようと思ったのか!?

 

そんなウニが苦手でも一口食べてみたくなるご飯のお供、第一弾は京丹後のウニ海苔でした!