【日帰り】山中温泉 こいこい祭りday1

金沢でまだ冬を越していないNamiです。

山中温泉 こいこい祭り

こいこい祭り 菊乃湯前のステージ

 

 

山中温泉で2日間行われる「こいこい祭り」に日帰りで行ってきました。


目次
・こいこい祭りとは
・日帰りのスケジュール
・こいこい祭りの様子
・2日目の見どころ

 

こいこい祭りとは

山中温泉 こいこい祭り ポスター

こいこい祭りのポスター。すごくかわいい

QRコードでリアルタイムでおみこしの位置も分かるようです。


下記、公式サイトからの引用です。

町人、芸妓衆、接待衆に浴客も加わって、唄と踊りの一大絵巻が展開される山中温泉最大のイベントです。昼には掛け声も勇ましい湯女みこしや若衆みこし、大獅子の巡行なども行われ、初秋の山中はお祭り気分一色に彩られます。

 いろいろなおみこしが見れるのが見どころのようです。


《こいこい祭りスケジュール》

http://www.yamanaka-spa.or.jp/wp-content/uploads/2018/08/koikoimaturi2018.pdf


《日帰りのスケジュール》

 金沢駅西口12:00発~山中温泉13:10着 (加賀ゆのさと急行) 片道1,350円 

サイト ➡ 加賀ゆのさと特急(温泉特急線)|高速バス情報 |北陸鉄道株式会社

 

バスは降りる際に支払い(両替可)、その際に加賀温泉郷の温泉施設いずれか1つに

無料で入ることが出来る券をもらうことができます。

 

山中温泉 加賀ゆのさと特急 入浴券

加賀ゆのさと特急バスに乗るともらえる入浴券

お昼:山中温泉を散策&菊の湯でサッパリ

 

山中温泉バスターミナル ~加賀温泉駅 (路線バス) 片道420円
加賀温泉駅金沢駅 (JR) 在来線:760円    サンダーバード1,510円

 

帰りが路線バスとJRなのは、直通のバスが1日2便しかなく既に運行が終わっている時間のためです。山中温泉からの最終便は14時)

 

JRについては、金沢駅周辺の格安きっぷ店で少しお得に購入できます

大阪までのサンダーバードが6,440~6,750円!【金沢駅×格安チケット】 - 金沢で、エッセイぽんぽこ

 

日帰りの場合、お昼に見れる迫力のあるおみこしが2日目にあるため

2日目に日帰りで訪れるのがよさそうです。

(宿泊の方はもちろん2日間と夜も楽しめる)


《1日目昼間の様子》


こいこい祭りのため車両規制があり、バスは山中温泉のバスターミナルでストップ。
そこから菊乃湯までは徒歩5分ほどです。

山中温泉 バス乗り場

山中温泉バスターミナル 加賀温泉駅までの路線バスもここから

山中温泉 バス 時刻表

山中温泉からの時刻表

バスターミナルに到着するとさっそく太鼓の音と掛け声が聞こえてきました。
2日間かけて町内を回っている青年団獅子舞


温泉街は住んでいる人の家も多いのですが、
家の前まで獅子舞が来てくれるのはとても縁起が良い感じがしますよね。

 

山中温泉 こいこい祭り

ステージ上で催し物をする様子


山中座周辺まで行くと、出店の数やステージイベントで活気がすごい!

夏の山中温泉まつりより活気があるんじゃないでしょうか・・・

 

山中温泉 こいこい祭り

広場だけでなく道路沿いにもお店が並ぶ

 

お店を少し見た後は菊の湯で温泉に浸かりました。

山中温泉 菊の湯 タオル

菊の湯タオル 200円

お祭りみて温泉も入れれば十分です~

外は賑わっていましたが、温泉施設は人も少なく落ち着いていました。

 

シャンプーはないので、入る前に券売機で購入または持参します。

ドライヤー 1分 10円 でした。

 

こいこい祭りはかなり活気がありましたね!
2日間、1日中行われているので地元の子供たちもお店を回っていたり。

 

 

《2日目の見どころ》

実は2日目の「お椀みこし」「湯女みこし」などが特に見どころだそう。
夜には山中節で踊って賑やかに。

 

到着してからおみこしのスケジュールを知ったので少し残念でしたが、

来年はリベンジを果たしたいです。

山中温泉 こいこい祭り みこし

獅子舞のおみこし

迫力のあるおみこしは見ることが出来ました!

 

金沢からのアクセスも良いのでぜひ訪れてみてほしいですね。

山中温泉 こいこい祭り 山中座

賑わう山中座前

賑やかでも人が多すぎて疲れる、というほどではないので
お祭りやイベントがある日に合わせて山中温泉に来るのも楽しいと思います。