【お笑いをアップデートせよ】落合陽一×中田敦彦

お笑いをアップデート,WEEKLYOCHIAI,落合陽一、中田敦彦

お笑いをアップデートせよ!

 

こんにちは、いなほです。

WEEKLY OCHIAI 落合陽一×中田敦彦

 「お笑いをアップデートせよ」メモ

 

「お笑い」という立場を赤裸々に話されていること、

現状の課題や現場にある普遍的な思い込みについて発言されている。

 

個人的には、テレビを見る人とNewsPicksで情報を得る人は違うという話にハッとする部分がありました。

 

下記、見ながらメモしたことを記しています。

 

・お笑いの基準は幅広い

→番組のコンテンツなのか、

 演芸のことなのか、

 ライフストーリーなのか 

ひとえに語るの難しい。

 

・今まで視聴者をマスで捉えて説明してきた

マス=テレビを見ている人(大勢の幅広い視聴者)、など 

 

・直接課金と広告収入モデル

◆直接課金(NewsPicks)のようなスタイルは、お金を払って情報を自分で取りに来ている。=細かい説明がなくても成り立つ 

◆広告収入モデル(テレビなど)は、見ている人が幅広い。

全員にわかる説明が必要。

 

・吉本とジャニーズのモデルは逆

舞台は練習 直接課金は低い

 

・芸人→出世コースが消えている、新陳代謝が悪い

 いつまで経ってもプレイヤーでいたがる。

プレイヤーが一番楽しいという思い込みがある。

 

・お笑いという仕事

感覚的なもの、を作り込んでできる、商品になると価値になる。

 

・お笑いは、決して習えなくもない

 

・テレビ学科があった

バラエティ的に求められることを学んでいる。それに応えることは得意

 

 

WEEKLY OCHIAIは、異業種交流みたいな感じがあって割と見ちゃいますねぇ・・・