ふんだ出版とは

ふんだ出版とは?

このサイトは、私のオススメを詰めたサイトです。

自分の制作物/日記をはじめとし、自分で体験してオススメの本や旅行先なんかも紹介しています。

「ふんだ出版」の「ふんだ」は、踏んだり蹴ったりな出来事も含めて楽しみたい、という考えから取りました。



豆本づくりがきっかけ

「いなほ出版」の「出版」は、趣味の「豆本づくり」が理由です。

豆本は、ミニチュアブック・手のひらサイズの小さな本のこと。

豆本
青森旅行の豆本

元々は聖書を持ち歩くため・製本の技術を競う側面もあり発展した豆本。

昔の携帯電話がどんどん小さくなっていった流れと同じ感じでしょうか。

江戸時代には「可愛い」嗜好品としても流行った時期があります。

今では趣味として、ハンドメイドで豆本は作られています。



私は豆本づくりに高校生の時に出会い、趣味程度で作っていました。

社会人になり働きながら何かしたいなぁと相談した時に、「豆本の作り方を教えたりサービスを作ったら?」とアドバイスをもらったのがこのサイトを作るきっかけでした。

少しですがYouTubeに作り方動画をあげたり、ミンネで豆本初心者キットを販売したり、豆本づくりのオフ会を開いたり・・・「豆本」がきっかけで出来た経験もあります。

ミンネ

今は豆本以外にも写真の編集なども勉強中ですが、もともとは「豆本」がきっかけでした。



勝手に雑誌を刊行することもできる

そして、豆本を作っていて思ったのは

「自分オリジナルのページを作れば雑誌も自由に作れて出版できるじゃん!」と思ったから。

思えば同人誌はこの発想なんですね・・。

豆本
中身も作れると1冊の雑誌のように。

本屋さんや編集のお仕事って私の中で憧れがあって。

「かっこいいなぁ」と思う気持ちは大人になっても変わらず、憧れも反映されています笑

各種SNSなどもありますので、好きなページを気軽に回ってみてください。