転職

【転職・就職】動いて初めて分かる、世界が広がる【経験談】

こんにちは、いなほです。

私は新卒の時の就職活動を1回と、フィリピンのインターンを探した時を含めると転職活動を2回しています。

転職や就職って働く環境がガラッと変わる、仕事の選び方によっては生活も変わりますよね。私は旅行業界内での動きですが、参考になれば幸いです。



入ってみないと、分からない

この記事で一番お伝えしたいのは、会社や留学は結局のところ「入ってみないと分からない」要素が大きいな・・・と個人的には感じています。

理由は募集内容と自分のミスマッチをなるべく無いように意識して探したとしても、働く場所で会う人や人間関係の影響が大きいことが1つです。



私の場合は初めて就職した添乗員という仕事は、内容こそハードですが添乗員さん同士が助け合う風土に救われました。

1、2年目で分からなかったことが3年目で分かるようになったり、苦手だと思っていたことも時間と慣れが解決してくれることを知りました。



ただ、今後のスキルアップを考えた時に同じ仕事ではなくフィリピンインターンと転職をします。



動いて経験して広がる選択肢

入ってから他の選択肢に気づく、ということもありました。

これは、フィリピンのインターンをした時に感じました。



「半年の英語学習」をフィリピンで経験しましたが、

英語力を伸ばすという観点では4ヶ月くらいはフィリピンで学んで、アメリカやカナダに行くともっと伸びるなぁと思いました。

それは現地で無償でマンツーマンを6ヶ月受け続けたからこそ気付いたことでもあります。まさかそんな風に考えるまでになるなんて・・・といった感じ。英語力は0に等しいレベルでしたから。経験を元に選択肢が自分の中で広がりました。

自分で経験して初めて「そういうことか」と納得できる。



どのみち当時の私は海外へ行くタイミングと貯金的にフィリピンのインターンくらいしか選択肢が無かったわけですが笑

動いた分だけの気づきや経験は貯まるので、タイミングが来たら行動することで得られるメリットは大きいです。



2度目の就職、職務形態の違いを実感

そして今、2度目の就職をしてもうすぐで丸2年働いたことになります。

前職から大きく変わったのは職務形態。不定休から土日休みになりました。



不定休は平日の休みが取りやすいので旅行に安くいけたり、人混みを避けられるのはメリット。土日休みは気持ち的にも安定すること。それぞれの良さを身をもって知ります。

「やりたい仕事」から探す就職活動もアリですが、意外と「どういう生活を送りたいか」という基準も大事なように思います。

休みの日に自分の好きなことも出来たりしますし・・・。



これも、自分がハードな仕事を経験したからこそ気付いた点です。専門学校だった私は周りの友達より少し早い就職でしたが、大学に通う友達が「やりたい仕事がわからない」と悩む姿に「働き方も大事だよ!!」と言ったこともあります。

色々書きましたが、所詮仕事ですし後悔の無いように経験してみるのが良いのかな?と私は思っています。

思いのままに書いてしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました!

投稿を作成しました 147

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る