ブロッコリー

【金沢21世紀美術館】MINIATURE LIFE展行ってきた【体験談】

こんにちは、いなほです。

10月20日の土曜日に、久しぶりに21世紀美術館に行ってきました。

去年から金沢に住んでいますが、住み始めてからは初の21美。



きっかけは、田中達也さんの「MINIATURE LIFE展」

私が知ったきっかけはTwitterでしたが、毎日日常にある物を使って別の何かに見立てたユニークな写真を投稿している田中さん。

情熱大陸?か何かのTV番組でも見かけたような。



「MINIATURE LIFE展」の雰囲気

MINIATURE LIFE展

MINIATURE LIFE展は、撮った写真とその実物のミニチュアが展示されていました。写真もOKなので、見るひとみんな思い思いに写真を撮ってます。

MINIATURE LIFE展
写真と実物を見比べられる

21世紀美術館の雰囲気に合うというか、気軽に訪れやすい展示でした。



好きな写真たち

ポテトチップスの上でモップがけ?グランド整備?している人、好きやなぁ。

MINIATURE LIFE展


MINIATURE LIFE展

ポッキーのチョコ部分をペンキ塗っているような。

MINIATURE LIFE展

旅行のエリアではただの緑色のストローが、情緒ある竹やぶに変身してました。

展覧会のスペースが「働く人」「旅行」などのテーマで分かれており、それぞれのテーマで作られた作品ごとにまとまっていました。



田中達也さんのギャラリートーク

土曜日の14:00から、ちょうどギャラリートークが始まり田中さん本人が登場して作品を解説。

パッと見ても分かりやすく楽しい作品なので、聴こうか迷ったんですが結局、最後まで聴いてしまいました。いやー、面白かったです。

田中達也

今回、展覧会を写真OKにしているのは受け身の美術館鑑賞という形を取りたく、写真を撮ると「どの方向から撮ればいいか?」を考えたりするので

作家がなぜこの構図にしたかが自分で気づけたり、そんな形をとっているそう。

MINIATURE LIFE展

もう1つ、ギャラリートーク聴いてないと分からなかったよ〜!!というのは「隠しミニチラシ」の存在ですね。会場内に4枚隠されている、展覧会のクロワッサンのポスター。

1枚目は先ほど乗せたポッキーの写真の・・・

隠しポスター

左上の角!!笑

全然関係ないですけど、「亀は意外と速く泳ぐ」という映画内で主人公(上野樹里ちゃん)が見つけたスパイ募集のチラシがこのくらいのミニチュアサイズだったことを思い出しました笑 これは難易度が高い・・・!



その後ギャラリートークで歩いているうちに4枚全てネタあかししてくれましたが、これを自力で見つけた人がいたら尊敬します。



実物のミニチュアたち

セロハンテープがカウンターのお店に・・・!

ボタンが桜に

このボタンが桜になっているのも素敵な発想だな〜と思わず写真に納めました。



展覧会グッズも

ミニチュア展

ポストカードをはじめとした、フリーダイアリーなど普段から使えるグッズも展示ブースを抜けた売店エリアで販売していました!

ミニチュア展にちなんで、買って帰ればすぐ作れるミニチュアのセットまで。見てるだけで最後まで楽しめました。



実物と写真の違い

展覧会をざ〜っと見て行く中で、私の発見は「実物の写真って結構違うな!」ということでした。写真の可能性を改めて気づいた感じです。

実物を見ると、割とその「本来のもの」として見えやすくて。例えばプラスチックのスプーンも、実物だと「プラスチックのスプーンだな」と思う気持ちが強くて。

でも、写真で見るとそれが逆転するんですよね。スプーンが「木」に見えて、その後に「スプーンだな」と後からくる感じ。

面白いなぁ〜と思って、久しぶりの美術館を楽しみました。

気になる方は是非!



投稿を作成しました 147

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る