モンゴルフォーシーズンズ

【夏休み】モンゴルひとり人旅【5日目】ゲルをいくつか体験したくて宿を移動


実は今回の旅行、宿泊先の料金を徐々に上げています。

と言っても最終日にべらぼうに高いホテルに泊まるわけではないのですが笑

実験的にやってみました。



ゲルも、リゾートゲルはとても豪華なものもあることを知って、

そこまではいかなくても2つピックアップして体験したいと思い

宿泊先を分けました。



2つ目のゲル宿泊先へ移動する朝

ワイワイと夜を楽しんだ次の日・・・

モンゴル朝食

いつも通り朝食を摂り。

昨日一緒に飲んだグループも出発して見送り。

私も今日から少し移動して別のゲルに泊まる予定。



モンゴル旅行を計画する際に砂漠の方まで行ったりするか

テレルジなど固定の場所でのんびりするかで迷って後者のケースで旅している。



宿は全部Booking.comで予約していて、

宿の人のメッセンジャーで事前やりとりができるので

この日に宿までの送迎をお願いしていた。



モンゴル朝食

お昼はスープ。

最終日の昼食まで出してくれて・・・。

本当に感謝。

しかし、いざここでの宿泊費を払おうとしたら・・・

ドルが微妙に足りない・・・。

まさかの換金不足。どうしよう。



お昼を食べ終わったテーブルでお金を数えてドキっとする。

ここがカードを使えないのは知っていたので

それを踏まえて準備していたけど、タクシー代で使ってしまっていたのかな。



焦りつつも、お会計するおばあちゃんに話す。

しかし運悪く英語の話せる人おらず、私とおばあちゃんで数字のやりとり。



結局はドルと足りない分を日本円で支払い。

レートの計算の意思疎通に付き合ってもらって申し訳なく思っていたら

「ごめんね〜」と向こうからも一言。



も〜!私が全部ドルに出来てなかったから悪いのに!全然謝らなくていいよ!と気持ちだけ伝え。

申し訳なさと何だろう、またこの人に会いに来たい!という気持ちでいっぱいに。

そんなこんなでお迎えに2人の男が登場。

スーツケースを持ってもらい車へ乗り込んだ。



ナライハからテレルジへ!

宿泊していたMagic Rock Tourist CampからFour Seasons Camphへ車移動!

モンゴルテレルジ
濃い青空〜!

舗装されているけど、コンクリートじゃないのでデコボコした道を通るとすごく揺れる・・・。これはウランバートルからの道のりでも同じ。

今思うと、最初にあった日本人の子どもたち、よくこの道のりを乗り切ったな・・・。



「テレルジ国立公園」と行っても、宿の住所を見ていると

「Nalayh」と「Arhust」とあり・・・と、ブログを書いている途中で気になり

調べてみると「Nalayh」は「ナライハ」と言う町!

今日からの宿泊が本当のテレルジ国立公園内だったようです・・・笑

テレルジエリアの少し南に位置していました。

→既存記事を書き換えました笑 2020.2.10



さて、道中でドライバーのお兄ちゃんが時折気さくに声をかけてくれました。

ウランバートルから来た時のタクシーでも「サインバイノー!」と挨拶すれば

ニコッと微笑んで会話してくれたりします。



今回は英語も話す人で、彼がホテルの調理人だと言うこともわかりました。

そして車の中に置いていたスプレーを売るビジネスもしてるんだ、と話してて

「ヘェ〜!」と興味津々で訊いてスプレー缶を見てみると・・・

アムウェイ

Amway!そう、アムウェイの商品で少し驚きました。

元々はアメリカの有名なネットワークビジネス。

モンゴルでその名を見るとは思わず妙な感動がありました。



モンゴルテレルジ

丘を駆け上がるたびに、その次また次でも景色が広がって行きます。



モンゴルテレルジ

しばらく走って、ゲルの集落がまた見え始めました。



モンゴルフォーシーズンズ

そして到着。

Four Seasons Camp

モンゴルフォーシーズンズ

誰かが乗って来た青いバイクも合わせるとめちゃくちゃかっこいい。



モンゴルフォーシーズンズ

到着してそのまま泊まる部屋まで案内してもらいました。



モンゴルフォーシーズンズ

小ぎれいなゲル〜

と思い荷物を入れてると、スタッフの方がもう1度やって来て

「実は今日くる団体客がいて、ゲルの数が足りない。

 隣のコテージに移動してくれないか?」と相談され。



Four Seasons Campは2タイプの部屋が選べて、

ゲルともう1つがコテージタイプ。

モンゴルフォーシーズンズ

1回ゲルに泊まって満足はしていたので了承。

荷物を隣のコテージへ移動させました。



モンゴルフォーシーズンズ

ゲルと違って外の景色が見えるのは良いですね。

ゲルじゃなかったらモンゴルじゃね〜と思わず、コテージも案外良い選択です。

生活に特化したゲルからは、景色は見えませんので・・。

モンゴルフォーシーズンズ

先日泊まった場所は、丘が近かったですが

今回は周辺もしばらく平地なのでより解放的な印象。

案外泊まる場所でモンゴルの印象が変わりそうですね。



モンゴルフォーシーズンズ

お昼すぎには到着して、の〜んびり。

外を眺めながら読書するのは本当に最高の気分でした。

夕方が近づいていくのも、空の色でわかります。



モンゴルフォーシーズンズ

レストランも併設されているので、この日はテラスで食事。

モンゴルフォーシーズンズ

ドライバーのシェフが作ってくれたであろう、パスタ。

カルボナーラだったかな。美味しかったです。

モンゴルフォーシーズンズ

窓からの景色が画になるのでホントおすすめ。



《次の記事はコチラ》

【夏休み】モンゴルひとり旅【6日目】テレルジ・Four Seasons Campで草原リゾートを満喫



《2019年夏・モンゴルひとり旅記事一覧》

【夏休み】モンゴルひとり旅【1日目】関空から仁川乗り継ぎ・移動だけで終わる日

【夏休み】モンゴルひとり旅【2日目】ウランバートルで劇場とモンゴル料理

【夏休み】モンゴルひとり旅【3日目】テレルジと思いながらナライハに行く日

【夏休み】モンゴルひとり旅【4日目】乗馬と旅先の出会いが豊富なMagic Rock Tourist Campでのんびりステイ

【夏休み】モンゴルひとり旅【5日目】ゲルをいくつか体験したくて宿を移動

【夏休み】モンゴルひとり旅【6日目】テレルジ・Four Seasons Campで草原リゾートを満喫

【夏休み】モンゴルへ一人旅【7日目】軽トラでテレルジからウランバートルへ

【夏休み】モンゴルひとり旅【8日目】最終日・ウランバートルの過ごし方

投稿を作成しました 161

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る