キッチン片付け

【家事】キッチンを整理したら生活が上手く回りだした【経験談】

こんにちは、いなほです。



最近見ている勝間和代さんのYouTubeチャンネルで

ロジカルに行う家事や片付けの方法を紹介されていました。

物を片付けるには、そもそも最小限の物しか持たないとか。

自身のことを「めんどくさがり」と認識しているので、そんな人でも片付けや家事が上手くいくには・・とどんどん仕組み化されているそう。

とても分かりやすく解説されているので、詳しくは勝間和代チャンネルをご覧ください。



最初に片付けをした「場所」

そんなわけで私が最初に片付けに取り掛かったのが「キッチン」でした。

一人暮らしをしている私のキッチンは、物は多くはないんですが上手く使いきれてなくて料理の回数もバラバラでした。

電子レンジの上には東京で1ヶ月出張していたときに買った鍋とフライパンが1つになった物やヤカンが置かれて、しばらく使っていない。

棚の上にはカレーのルーやサプリなど、たまに使うものをカゴにまとめて入れている。食器は炊飯器の下の棚に入れていましたが、その棚というのは扉のないものでガチャガチャして見えます。

目に見えるものが使うものかっていうと、そうでもないって状態でした。

まずはこれを改善。

目に見えるもの=使うものだけに

そして、目に見えるものの数をなるべく減らしていきました。



キッチン用品の断捨離

断捨離といっても、迷うものは置いておいても

もともと物が少なかったので効果てきめんでした。

先ほど書いた「ヤカン」や「出張時に購入した鍋フライパン」は捨て、

冷蔵庫の調味料も賞味期限を確認すると捨てないといけないものもあり、これを整理するだけで結構スッキリしました。



空きスペースが作れると、じゃあこの場所ももっと改善できるのでは?と積極的に動けるようになります。

結果的には棚の上に置いていた食器などはすべて扉のある戸棚にしまいました。

もともとはスーパーの袋とかを適当に放り投げていたのですが、袋シリーズもゴミ入れにと思って買って結局使っていない3段の細めのプラスチックボックスに収納することに。

あれよあれよという間に、意外と目に見える部分の物は少なくなり、使い勝手もよくなりました。



それに伴って、料理を作るときに作業する場所のスペースも広々。

食器を乾かす台もずっとそのままじゃなく、小まめに食器を片付けたら乾かしだいも立て掛けてスペースを取らないようにしました。

そうすると、広々と料理が作れるのでゆっくり作れますし、気持ち的にもそんな感じで料理を作っている様子に落ち着くというか・・・。



片付けから派生して家事をするように

そんな感じで、キッチン周りを整理整頓することで、料理がしやすくなって進んで家事をするようになりました。

自炊の回数も少し増えたかな・・。

目的が決まっているところからの片付けがオススメ、とのことでしたが

効果も分かりやすいのでキッチンや洗濯・洗面所周りから片付け・不必要なものは減らしてみてはいかがでしょうか!



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

投稿を作成しました 136

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る