情報収集

ツイッターで効率的に情報収集する活用法

f:id:bannpa18:20190114164952j:plain
こんにちは、
いなほです。

ツイッターってどんな風に使っていますか?

友達や会社の人と繋がるだけ〜でしたら、もったいない!です。

色々な価値観に触れられるツイッターを情報収集のツールとして活用してみてはどうでしょうか。



ツイッターの使い方は自分次第

最近、ツイッターってめっちゃ良い場所だなと改めて感じています。

もともと8年前から使っているいわゆる「本垢」があり、リアルの友達や趣味で繋がる人もできる普通のアカウントでした。

私は去年からももクロにハマってしまったのですが、本垢ではつぶやきにくいと感じて新しく「ももクロ用アカウント」と、ついでに「ブログ用アカウント」を作りました。

この記事を書いた当時はアカウントを作って1週間前後しか経っておらず、アカウントを分ける事で気づいたメリットが2つあったのでシェアします。

その後、使い始めて数ヶ月で気付いた事も追記しています。




アカウント分けると情報収集が効率的

単純にアカウントを分けると、フォローする人もそれぞれ異なります。

すると、見える世界(タイムラインに並ぶツイート)がガラッと変わるんですよね。パラレルワールドのような感覚です。

1つのアカウントで多くの人をフォローしていると、当然タイムラインを見るだけでも時間が奪われます。おもしろ楽しくツイッターを見る時ならいいんですが、思ったよりツイッター見すぎてやりたい事が出来ないとなるともったいです。

当たり前の話ですが思った以上に快適さを感じた部分です。
また、似た情報を一気にたくさん収集すると、そこを合わせて思いつくアイデアもあり効率良いです。

今、私は基本的にブログのアカウントを見ます。

フォローしている方は有益な情報を発信されている方ばかりですし、私自身のモチベーションにもなるからです。本垢はほとんど見なくなりました。(友達もインスタに移行しつつありますし)

で、たまにももクロの情報見たい!と思ったときだけそのアカウントを覗くようにしています。

大枠はアカウントで分けて、あとはリスト作成の機能を使って分けるのもアリだな〜と思い始めています。

この手の方法は、語学学習をする際にも応用できると思います。
海外の人だけをフォローする英語アカウントも作るのもよさそうです。
強制的に英語に触れる環境づくりは、ツイッター上でも可能です。



アカウントを分けると時間の無駄が減る

もともと持っていた本垢では、友人や趣味で繋がった人など幅が広いため、膨大なつぶやき、いいね!やRTした情報も流れています。


テレビと同じでズーッとダラーっと見ちゃうんですよね。

意識しないと、見る時間を減らすことって難しいと思います。

時間の無駄を減らすためにも、本垢と情報収集のアカウントは分けていいなと思いました。


ツイッター運用して数ヶ月で気付いたこと

私は上記に書いた通り、ももクロアカウントのついでに、なんとなくブログ用アカウントを作った人間です。

ビジネス観点の情報に特化して発信されている方とか、あまり見かけずに過ごしていました。今は、そういう人たちを中心にフォローして、有益な情報を得ることができています。

自分でやるビジネスが起業だけではないことなど、日々勉強になっています。

そうしたインプットが積み重なり、私は本格的にコンテンツビジネスの仕組みづくりに取り組むまでになりました。

拡散力があり繋がれるのがツイッターの良さなので、怪しい人も多いですが笑

普通に交流が楽しいのでどんどんツイッターは楽しみましょう。





投稿を作成しました 147

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る